Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 28日

Test ♯593 Luna Moth Maniax

e0065734_072586.jpg

「命あるかぎり飛び続けるということ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

今の時期は夜に蛾を撮影していると、あちこちで路肩に車を停めなにか探している人たちを見かけます。どうやらクワガタを探し求めているようです。
こちらは蛾なので関係ないかというと、蛾さがしのついでにけっこうクワガタを見かけるんですよね。で、とりあえず撮影してクワガタを夜闇の奥に逃がしてしまうのでありました(笑)。

さて、DX-9さんが「うわぁ、ぼろぼろだぁ」と連れてきたのがオオミズアオのオス。
すでに後翅はほとんど失われ、前翅もすり切れわずかしか残っていません。
ところが、彼はこの状態でも飛び立ったのです。
口が退化したオオミズアオのオスが飛ぶ理由はただひとつ。次世代へ命をつなぐためメスをさがして飛び続けるのです。
とはいえ、正常な状態からは50%以上も翅が失われていますから、飛翔にも倍以上の力を必要とするのでしょう。十数分飛んだところで、疲れたのか電灯の下に舞い降りてしまいました。
どんな状態になっても、命尽きるまであきらめないこと。
人類が見失った、生命の本来あるべき姿をあらためて教えられました。

Test ♯569 Luna Moth Maniax はこちら
Test ♯163「アルテミスという名の蛾」はこちら
Test ♯189「オオミズアオ」はこちら
Test ♯194「生きるということ」はこちら
Test ♯199「保護色 ?」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-07-28 00:34 | 近隣の水系


<< Test ♯594 てふてふ捜...      Test ♯592 てふてふ捜... >>