Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 25日

Test ♯550 てふてふ捜索隊 イチモンジチョウ

e0065734_1585961.jpg

「イチモンジチョウ」
(上)Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12_2/Digital Photo Professional 2.2.2/Photoshop CS2
(中下)Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12_2/Photoshop CS2

イチモンジチョウとアサマイチモンジはとてもよく似ています。
先日、遠征先で初めてアサマイチモンジをみましたが、その後自宅近所の農地のクリの木にイチモンジチョウが2〜3頭吸蜜のため飛来しているのに出会いました。
一寸野虫さんから教わった区別点は、イチモンジチョウとアサマイチモンジでは、左右の翅にまたがる、白点で構成された弧を描くラインで区別するのがもっとも容易なようです。
イチモンジチョウでは、前翅の中央付近の白点が左右でひとつづつ、とても小さくなっていて(個体によっては消えてしまっていて)遠目でそこだけ白いラインが切れているように見えます。いっぽうアサマイチモンジでは白点の大きさがずっとバランスよく続いてゆくので、きれいに1本のラインに見えます。
今回、はじめてイチモンジチョウを見てみて、なるほどと感じました。ちなみにアサマイチモンジは日本固有種ですが、こちらのイチモンジチョウはユーラシア大陸北部にまで広く分布しているようです。
e0065734_2141078.jpg

前翅の白点1コが大きいか小さいかは、写真判定なら翅を閉じていてもなんとか区別ができそうですね。アゲハほどではありませんが、吸蜜しながら翅をぱたぱたと閉じたり開いたりするので、よほど近距離じゃないと肉眼ではキビシそうです。
e0065734_2251554.jpg

ああっ、こっちを向くにゃぁぁぁ〜 (+_+。)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-06-25 02:27 | 周辺の山


<< Test ♯551      Test ♯549 てふてふ捜... >>