2007年 06月 22日

Test ♯546 木材大運動会

DX-9さんと山あいのカミキリポイントへ。
ここは遅くまでウスバシロチョウが飛んでいた、標高ではなく地理的環境により周囲よりちょっと季節の遅れる小さな村です。
さっそく材木を見てみると、もうあっちもこっちもキイロトラカミキリだらけ。クモのように長い肢で、せかせか、かさかさ、こそこそ、大運動会であります(^ ^;
とっかえひっかえ材木の奥から素早く出てきては、せかせか歩いてふたたび材木の奥に隠れます。まるで、超難関ハイスピードのもぐらたたきのようです(笑)
e0065734_0363494.jpg

「キイロトラカミキリ、ふたたび」(上中とも)Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

ほかにも何カ所かカミキリポイントを回ったのですが、いずれもキイロトラカミキリの大運動会状態でした。あぁ、今日はいったい何匹のキイロトラカミキリを見たんだろう?という感じであります。
カミキリムシ歴の長いDX-9さんは「ちぇ、キイロばっかりだぁ」と嘆いていましたが、落ち着いた黄色がきれいですし、なかなかモデルとしてはよい素質をもったカミキリです。ただいかんせんこの数は、ねぇ(^ ^;
e0065734_0422322.jpg

毛虫の大発生のように視界に一度に入るのとちがって、ハイスピードもぐらたたき状態ですから、写真でこんなにたくさんいたんだよ!という表現がしづらいであります。Naturingさんやみなみ野フォトログのnagachanさんがブログに動画をアップしてらっしゃいましたが、わたしもそのうち挑戦してみようかしら(^ ^

Test ♯500「キイロトラカミキリ」はこちら

e0065734_0481259.jpg

「ニホントカゲ」Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12_2/Photoshop CS2

同じ材木でやっとこさ撮影できたのがニホントカゲ。
ふだん目にはしてもなかなか撮影できなくて、材木のあいまをひょろりと姿を現したり隠れたりするニホントカゲを追いかけて、いつのまにかこちらも大運動会状態であります(大汗)。まるで障害物競走ですよ(^ ^;
で、シャッターを押せたのはこの1カットのみ。うーん、もうちょっとブルーのしっぽが画面に入ってくれれば良かったのになぁ。がんばったのになぁ。。。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-06-22 01:04 | 近隣の水系


<< Test ♯547 橋の上の物語      Test ♯545 スズメガ2種 >>