2007年 06月 21日

Test ♯545 スズメガ2種

e0065734_21413987.jpg

「ウンモンスズメ、みたび」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

ウンモンスズメ(雲紋雀蛾)には緑系と茶系の2種類の体色があるのですが、いままで緑系しか撮ったことがありません。この子も緑系ですねー。茶系も見てみたいなぁ。
見てみたいといえば、この子の下翅の鮮やかな赤い色。押さえつけてむりやり上翅をめくれば見れるんですけど、写真的にはちょっと、ね。
最近、ホワイトバランスを安定させる方法を見つけたGX8ですが、この写真ではふたたび強烈なシアン系に転びました。(Phoroshopで思いっきり色補正して、これです ... 汗)
現場であれこれやるも、どうしてもクリアな白が出せません。どうやらピント合わせの時に、その場所のホワイトバランスを計測しているらしいと気づきました。
GX8は暗いとAFが迷って合わなくなるので、AFのときにLEDライトで一瞬照らしてあげるのですが、その時にLEDライトの色でホワイトバランスを合わせてしまうようなんですね。
ということは、LEDじゃなくて蛍光灯で照らしてあげれば解決するかも。コールマンなんかの電池式の蛍光灯ランタンは2000円もしなくて良さそうだけど、単1電池6本というのはちょっと重いかも。いつもスクーターで移動することが多いので、小さくてハンディな蛍光灯、どこかに売ってないかな。

Test ♯494「ウンモンスズメ、ふたたび」はこちら
Test ♯192「ウンモンスズメ」はこちら

e0065734_22102776.jpg

「エゾシモフリスズメ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

こちらは十分な明るさがあったので、GX8にホワイトバランスを測らせて一発ですっきりした色に落ち着きました。
よりによって、ずいぶん不安定そうなところに降りましたね、という感じのエゾシモフリスズメです。ウンモンスズメより一回り大きいです。
名前に「霜降り」とはいっている通り、胸のあたりの模様はオオシモフリスズメによく似ています。
北海道から九州まで幅広く棲息する山地性のスズメガですが、なんで「エゾ」なんでしょうね。
ちなみに大阪府では準絶滅危惧として府のレッドデータブックに指定されているようです。

エゾシモフリと同様に北海道から九州まで幅広く棲息する山地性のスズメガに、エゾスズメもいます。こちらもなんで「エゾ」なんでしょうね(^ ^;
ちなみにエゾスズメはどんな姿してるかはこちら→Test ♯201「エゾスズメ」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-06-21 22:31 | 近隣の水系


<< Test ♯546 木材大運動会      Test ♯544 碧と紅 >>