「ほっ」と。キャンペーン
2007年 06月 18日

Test ♯539

e0065734_23431986.jpg

「アワダチソウグンバイ」(だと思う度80%)
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF12_2/EF25_2/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

いつもコメントくださるタロさんのブログ「風の色、雨の匂い」で拝見して以来、いちど実物を見てみたかったグンバイムシ。念願かなって、ついに初対面することができました。
「ほら、これがグンバイムシですよ」
第一印象は ... ... ... おおおっ、ち、ちっちぇえ!!!!!!
こんなに小さな虫だったんですか!!??
鳥→哺乳類→鳥→トンボというルートで虫に入ってきた私は、まだまだ小さな虫に対する目ができていなくて、なるほどこれはフィールドを歩いていても完全に視野に入らないなと痛感しましたです(^ ^;
私がよく拡大写真に使用しているキヤノンのマクロフォトレンズは、ピントリングがありません。つまりピントがあった部分はいつも同じ倍率になります。上のグンバイムシを撮影したのとまったく同じ条件で撮影したイボタガの顔のアップがこちらです。
e0065734_052529.jpg

「イボタガ」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF12_2/EF25_2/内蔵ストロボ/Photoshop CS2
ピントの合った部分は、ほぼ同倍率になりますから、グンバイムシはイボタガの複眼よりちょっと縦長程度の大きさしかないことがわかります。いやはや、おなじ昆虫でもえらい違いですねぇ。こんなに小さくても、りっぱに種として成り立ってゆくのだから、自然の懐は深いですなー。
もっとも、シロナガスクジラとピグミーマーモセットを比べたら、こんな差じゃすまないか(笑)。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-06-18 00:12 | そのほかの水系


<< Test ♯540      Test ♯538 てふてふ捜... >>