Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 09日

Test ♯525 ワクドツキジグモ

e0065734_2351820.jpg

「ワクドツキジグモのメス」(ほんとにそうなんですか???度99% ... ^ ^;)
(上)Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2
(下)Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

天気予報で今日は大荒れとのことでしたので、一寸野虫さん、DX-9さんと地元周辺で虫散策をしました。個人的にはミズイロオナガシジミとはじめて出会い、わー図鑑そのまんまだ♪なんて喜んでいたのですが、帰宅してからたいへんな事態になりました。
「例の蜘蛛ですけど、トリノフンダマシやトゲグモに近い仲間で、検索したら日本で十数件しか採れてないとか、蜘蛛のなかの日本七大珍品に含まれるようなめずらしい種だったみたいですよ」
現場でみんなで撮影しながら、風変わりな容姿の蜘蛛だねー、いままで写真とかで見た覚えないから、もしかしたら珍種だったりして(笑)... なんて冗談言っていたら、ほんとに珍種だったですか(大汗)。
e0065734_236192.jpg

過去の記録は大阪・宮崎・沖縄島・久米島・石垣島らしいのですが、なんでまた神奈川に?
いままでたまたま発見されてなかったということなのかな。
季節的に、南方から渡ってきた夏鳥にくっついてきてしまったという可能性も否定はできませんですね。
うーむ "ノ(-________-;)・・・

名前を聞いてまっさきに思ったのが、なにをド突くんだろう?ということ(笑)。
ワクをド突く?? ワクって、枠かな??
検索してみたら、「ワクド」は九州の方言でヒキガエルのことで、この蜘蛛の腹部にヒキガエルを連想させるようなイボがあることから名付けられたらしいです。
ちなみに、こんな事態になると思ってもいなかったので撮影大会だけで、捕獲採集はしていません。外骨格がないからか、蜘蛛っていわゆる「昆虫標本」のような乾燥させた標本にはできないのですね。今回はじめて知りました。乾燥すると縮んでしまうので、消毒用アルコールに浸して保存する、液浸という方法になるのだそうです。
本日の感想。
あー、びっくりした(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-06-09 21:57 | 近隣の水系


<< Test ♯525 てふてふ捜...      モバイルFandF てふてふ捜索隊 >>