Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 29日

Test ♯503

e0065734_0492763.jpg

「カワトンボsp」
(上中下ともに)Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12_2/Photoshop CS2

以前は(といっても、わりとつい最近までですけど)、オオカワトンボがいてヒガシカワトンボがいてニシカワトンボがいて、と種類が多かったカワトンボ。ところがDNAによる調査でヒガシカワトンボがオオカワトンボに統合され、ニシカワトンボはただの「カワトンボ」に改名することになりました。なんだか企業の経営統合だとかM&Aみたいですけど、その後さらにすごいことになっているようです。
e0065734_0535842.jpg

トンボにも蛾にも精通した「故郷・埼玉のトンボ」のMatszさんが、一寸野虫さんの掲示板で説明されていた最新情報は驚き桃の木山椒の木でありました。
抜粋要約いたしますと、
「オオカワトンボはニホンカワトンボに、カワトンボはアサヒナカワトンボへと再改名。
同定は、西日本や北日本では翅色や分布の関係から割と簡単なのですが、関東、特に神奈川県は、ニホンもアサヒナも両方ともいますし、両者の混血の分布するらしい地域もあるとのこと。関東では、見た目でニホンとアサヒナを区別するのはかなり難しく、DNA鑑定や幼虫の尾ひれの形をちゃんと調べないと、正確な判別が困難です。
亜種ではなく別種なので余計厄介です。
種類をはっきりさせたい方にはお気の毒ですが、北部以外の関東地方では、カワトンボspとした方が無難でしょう」
e0065734_172955.jpg

うーん、カワトンボってすごく複雑だったんですね。解明の糸口になったDNA鑑定もすごいけど、調査をやりとげた研究者の方々の努力は絶賛に値すると思います。素晴らしいです。
ぜひほかの種でもDNAでの調査を行って欲しいです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-05-29 01:13 | 近隣の水系


<< Test ♯504 Tau e...      Test ♯502 >>