「ほっ」と。キャンペーン
2007年 05月 20日

Test ♯489 てふてふ捜索隊

e0065734_14362135.jpg

「アサマイチモンジ」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12_2/Photoshop CS2

土曜日は朝起きたら土砂降りの雷雨。
聞けば一寸野虫さんが家を出るときは快晴で、私の家に近づくにつれ雲行きがあやしくなり、夕立のような豪雨になったとのこと。あぁ、私の日頃の行いかしら。。。朝だから、夕立じゃなくて朝だ ... (以下略)。
天気予報では寒気団による気温の落差で一時的に大気が不安定になるとのこと。きっと夕立のように通り過ぎて雨もすぐやむでしょうということで蝶を求めて出発することに。しかし、この寒気団による気温の落差で、あとでチーム神奈川のメンバーは嫌というほど寒い思いをすることになるのであります(^ ^;

山梨に到着してみれば快晴で、もう真夏のような蒸し暑さ。黄花コスモスでしょうか、咲き乱れる花々を蝶がびゅんびゅん飛び交っています。そんななかで、よく見るコミスジに似ていますがひときわ大きい蝶の姿が。コミスジ独特のパタパタ、ヒラーという飛び方ではありません。よく見てみれば白いラインも1本だけ。
イチモンジチョウとすごくよく似ていますが、日本固有種の、アサマイチモンジでありました。遠目で白いラインに見える部分を構成する白点のうち、上翅の中央付近にある1点に大きさの違いがあるのだそうです。
イチモンジチョウとくらべるとアサマイチモンジのほうが数は少ないといわれていて、出会えてすごいラッキーな日でありました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-05-20 15:37 | そのほかの水系


<< Test ♯490      Test ♯488 >>