Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 16日

Test ♯443 大霜降天蛾捜索隊

e0065734_216354.jpg

「オオシモフリスズメ」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF12_2/EF25_2/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

東京では葉桜が多くなり、休日でお天気がよいとなれば、まさにお出かけ日和。
覚悟はしていたものの一般道路も大渋滞で、高速に乗るにも一苦労です。
日があるうちに現地に着いて、事前にポイントを確認しておきたかったのですが、
高速道路のインターチェンジにたどりつくまでに2時間もかかってしまいました。
しかも、もうすぐ目的地という地点で今度は高速道路が渋滞。
前方にはなにやらもうもうと立ち上がる煙が!
e0065734_21264656.jpg

タイヤがバーストしたか、ブレーキが故障して発火し、荷台にまで火が拡大してしまったようですねー。幸い反対車線での事故でしたので、数十分で渋滞を抜けることができましたが、事故車側の車線は完全封鎖で長ーい渋滞。車の事故はよく見ますが、明日は我が身。十分に気をつけないととあらためて思いましたです。

さて、渋滞でただ時間を消費していたのではもったいないので、最後まで悪あがきでオオシモフリ情報を必死に収集です。
今回、参加できなかった師匠の蛾LOVEさんや、VIEWさん、シノブさんらチーム神奈川のメンバーにも協力いただいて現地のオオシモフリポイントの情報をさぐります。
渋滞を抜け目的地に着いたところで、いつもお世話になっている大先輩のガンモさんが、蛾をはじめ虫にお詳しい現地のS氏にコンタクトをとるよう手配してくださいました。地元の方の情報ほどありがたいことはありません。急いで連絡をとりました。
「オオシモフリスズメはメスも出始めていますから、ちょうどよい時期にいらしたと思いますよ。昨夜も私の自宅の灯りに1頭飛来していました。大丈夫ですよ、きっと今日は出会えると思います。ご検討をお祈りしています。」
突然の電話にもかかわらず、気さくにチェックポイントを教えてくださいました。ほんとうにありがとうございました。

期待に胸をふくらませて、まだ明るいうちからポイントを回ります。
アニマルトラッキングと同じで、蛾そのものはいなくても、夜に蛾影が濃い場所には翅などが落ちていることが多いのです。
ところが、イボタガの翅や、車と衝突してしまったらしい小さなシャクガ、ヤガなどは見つかるのですが、どこのポイントに行ってもオオシモフリスズメのものと思わしき翅ひとつ発見できません。
交錯する期待と不安。
まもなく日没、はたして超重量級の天の蛾は姿を現してくれるのでしょうか。。。
つづく!
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-04-16 22:04 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯444 大霜降天蛾捜索隊      Test ♯442 大霜降天蛾捜索隊 >>