Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 05日

Test ♯432 てふてふ捜索隊

e0065734_2305751.jpg

「ギフチョウの卵」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF12_2/EF25_2/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

天気は晴れたが、アゴも腫れてる、おなじ「ハレ」なら、撮らなきゃ損損。
というわけでもありませんが(←いや、そのままだぞ)、貴重な平日の休みで、しかもお天気とあらば、まさに蝶日和。ちょっと気温が低いかなーと思いましたが、山あいへ出かけてみることに。

東京の桜の満開はもう過ぎましたが、山あいは標高があがるにつれ時間が逆戻りするかのように、花が5分、3分、2分と減ってゆきます。
目的地に着いて登山道を歩いてゆくと、地面すれすれの低いところを、ふわふわと移動してゆく黄色い影。
初対面のギフチョウです。
いつも近所の河原で、ルリタテハが弾丸のように猛烈なスピードで飛翔していくのに慣れているせいか、ゆったり、地面のなにかを探すかのように飛ぶギフチョウの姿を見ていると、ちょっと蛾っぽいな、なんて感じてしまいます。
ちょうど、フチグロトゲエダシャクのオスがメスのフェロモンを感知して、メスの正確な場所を特定しようと低空飛行するのに似ています。

平日にもかかわらず登山道はギフ狙いのカメラマンが多く、あまりオリジナリティのある写真が撮れませんでしたが、感激の初対面ということで、まずは撮るより見るほうに時間を割きました。

今日の写真は、ギフチョウの卵です。きれいな若草色をしていました。
ここに卵があるよと教えてくださった方いわく、まだ産んでまもないのだろうとのことでした。
枯葉に埋まるよなカンアオイの葉の裏で、そっと輝く真珠のようです。
無事、ふ化して命がつながっていくことを祈って、下山しました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-04-05 23:40 | 周辺の山


<< Test ♯433 てふてふ捜索隊      Test ♯431 >>