Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 17日

Test ♯415

e0065734_2555248.jpg

「マダラハゲワシ」(だと思う度50%)kenya
Nikon F3/AiAF80-200mmF2.8s/Kodak PictureCD/Photoshop CS2

同じようなテーマが続いてしまうのもなんなので、ちょっとリアルでなまなましいですが、久しぶりに過去に海外で撮影したカットを。
情報が少なくて自信をもって種を特定できなかったのですが、生息域や、明らかに違う種を消去法で追い込んでみたところ、おそらくマダラハゲワシだろうと思います。画面には映っていませんが、すぐ横にはアフリカハゲコウなども集まっていました。

日本では、ごくまれに迷い込んでくる以外はハゲワシに関しては馴染みが薄いですね。動物園でも、それほど人気のある種ではありませんが、世界的に見るとアフリカからヨーロッパ、そして日本からほど近いアジア地域にも棲息している鳥です。
日本で見られる野鳥とくらべ体長も翼長もケタはずれに大きいので、すぐ近くでみているとものすごい迫力があります。

アメリカ大陸にいるコンドルは、ハゲワシとよく似ていますが、進化系統がまったく異なります。
ハゲワシやハゲタカはいわゆる猛禽類から派生していますが、コンドルはコウノトリの仲間から進化をとげています。
よく米国の外資ファンドを「ハゲタカファンド」と揶揄したりしますが、本来の分類でいえば「コンドルファンド」と呼ぶのが正しいことになりますですね(笑)。

ちなみにハクトウワシは英名を直訳すると「ハゲワシ」になりますが、ハゲているからではなく、頭が白いという意味でBaldと名がつけられています。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-03-17 03:36 | Season event


<< Test ♯416      Test ♯414 >>