2007年 01月 20日

シュゼンジ捜索隊

e0065734_14115159.jpg

「シュゼンジフユシャク」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

あら、爆睡して起きてみれば雪が降ってますね。でも昨夜出会ったのはユキムカエフユシャクではなく、シュゼンジフユシャクです(^ ^
今回のメンバーはチーム神奈川のうちの4名、相模国の自然スケッチの一寸野虫さん、ある蛾屋の記録の蛾LOVEさん、そして真神ゆであります。たまたまこの4人が神奈川在住なので自然発生的にチーム神奈川と呼んではいますが、虫さがしはいつでもみんなで楽しく、なので遠征ではVIEW's Photo Gallery - EverywhereのVIEWさん(千葉)と"採集兵器☆カノジョ"である今夜も!Gavyoriのシノブさん(東京)もメンバーとしてよくご一緒しますですよ。

さて土曜夜を予定していたシュゼンジ捜索ですが、どうも週末は天気予報が思わしくないということで急遽繰り上げ。脱兎のごとく仕事を切り上げて、いざ出陣であります。車内に流れる、出陣のテーマソング。なぜかいつもオフコース。「さよなら、さよなら♪」 ... いやまださよならしちゃだめだってば(笑)。
蛾のネットワークを通じて集めた情報で、今回狙いを定めたポイントは3カ所。第1ポイントへは1時間半強で到着しました。「お、灯りに蛾がとまってますねー☆」
夜の暗闇でなにやら物色をはじめる、あやしい4人組(笑)。「あ、ゴマダラキリガだ」
あれこれ探すも、シュゼンジの姿はなし。今夜は時間が経つにつれ風がでてくる予報なので、次のポイントへ急ぎましょうかということになった矢先でした。「おや、こんな物陰にも蛾がいる」
なんとそれこそまさしくシュゼンジフユシャク!色めき立つメンバー!ユキムカエの時を思うと、最初のポイントでこんなあっさり出会えてしまったのが、にわかに信じ難い感じです(笑)。... にしても、撮りづらい(^ ^; よりによって、なんでこんなところにとまったの(大汗)。よくこんな場所チェックしましたね。もっともチーカナのその「探知能力」のすごさは語りはじめると誌面が足りなくなるくらいですので、今回も本領発揮、レアハンターの面目躍如でありますね。

次いで深夜0時過ぎに第2ポイントに到着。ここはいちばん標高が高く、今回の本命と目する場所であります。
「いた。この翅模様の曲がりぐあいは、シュゼンジですね」
ここでもシュゼンジ発見。あら、今日はいったいどうしちゃったの?という順調さ。もしかして、今年の運を使い果たしてますか?(;^_^A
ふたたび標高を下げて第3ポイントへ着いたのは2時。シュゼンジの姿はなかったものの、私としてはけっこうなカット数が撮れて面白い場所でした。
今回の遠征の結果はシュゼンジフユシャクなど蛾が10種類とクモなど。
これから出てくるフユシャクもいますし、気がつけばフチグロトゲエダシャクの季節までもうあと2ヶ月。虫だけでも大忙しなのに、白鳥も撮りに行きたいんですよね。
「さて、栄養ドリンクでも飲むかな」
「それって、今日何本目?」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-20 16:17 | Season event


<< Test ♯357      シュゼンジ捜索隊 >>