2006年 12月 11日

Test ♯334

e0065734_6494.jpg

「オオナミフユナミシャク」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

桜の幹をえっちらおっちら登ってゆくオオナミフユナミシャクと出会いました。
もしかしたらメスを探しているのかな、と期待しましたが、どうやら羽化したばかりの個体だったようです。フユシャクは土の中で蛹になり、羽化したあと樹の幹を上へ上へと登ってゆくのだそうです。
写真では反対側になる翅が羽化不全でちょっと縮れてしまっているのですが、羽ばたくことはできるようですので、なんとかメスのところまで行けるといいですねー。

ナミスジフユナミシャクという種だったものが、1991年にオオナミフユナミシャクとコナミフユナミシャクに分けられたのだそうです。そういえば、最近キチョウも分けられたみたいですね。
惑星でさえ分類が混乱するくらいですから、まーだまだ日本にも隠れた新種がいるんでしょうね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-12-11 06:04 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯335      ユキムカエ捜索隊 >>