2006年 11月 15日

Test ♯314

e0065734_2324496.jpg

「シマアメンボ」Nikon D70/AF-S80-200mm F2.8D/Photoshop CS2

虫好き i 氏、w氏と近所の河原を散策したときのこと。
伏流水の小さな流れではもうハグロトンボは2頭しかみられませんでしたが、アメンボたちはまだたくさん元気に泳いでいます。
アメンボがカメムシの仲間と知ったのはつい最近であります。びっくらこきました。
言われてみれば、なんとなくカメムシの面影があるような。

「あ、シマアメンボがいる!」
「あっちにいるのと種類がちがうんですよ。」
... ほんとだ。両氏に教えられよく見ると、形のちがうアメンボが何匹か、猛烈なスピードで泳いでいます。
たくさん集まっているほうは身体つきが細長いアメンボですが、1〜2匹でハイスピードで泳ぎまくるアメンボは丸っこい体型をしています。
「この丸いほうがシマアメンボで、中流域にもいることはいますが、どちらかというと山の中でよく見る種ですね。体に縞模様があるんです。」
泳ぐのが速すぎて、ぜんぜん模様がみえませーん。オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

アメンボ、奥深しと悟った秋の一日でした。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-11-15 00:08 | 近所の河原


<< Test ♯315      Test ♯313 >>