2006年 10月 12日

Test ♯285

e0065734_162612.jpg

「アケビコノハ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

近所の川からひとつ隣の水系に、水銀灯と思われるライトが煌煌と輝く橋があります。
川の上だけあってカワトビケラが多く、蛾はそんなに大量には飛来しないのですが、
ところ変われば品変わるで、なぜかここに来ると初物に出会えます。今回のアケビコノハもそのひとつ。
この日(ハグロトンボとオニヤンマを撮った日と同じです)、橋へ寄ってみると
クスサンの翅が大量に落ちていました。
どうやらほんの数日前に大量にクスサンの飛来があったようです。
きれいに翅だけ落ちているのは、カラスやアオバズク、または野良猫に食べられたからですね。
うーん、数日前に来ていればと思いつつ被写体を探していると、大きな蛾の姿を発見。
さっそくカメラをセットして(地面に直置きするだけですが ...)シャッターを押しつつ、しげしげと見ていると、どうやらアケビコノハのようです。こんなに大きいんだと感嘆しつつ、これはぜひ黄色く見事な下翅を撮らねばと、ついついと突っついてみました。
翅を広げてくれました。
と同時に飛び去ってしまいました(大粒涙)。
あぅ、そんなに殺気にあふれてましたか。
ちがうのよ、愛情なのよー(T_T)。


前回の橋の上の出会いはこちら→Test ♯250
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-10-12 23:59 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯286      Test ♯284 >>