2011年 11月 29日

Wake up♯320 オツネントンボとホソミオツネントンボ 2011

e0065734_23292576.jpg

「オツネントンボ 2011 Summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

トンボのなかでは珍しく、成虫で冬を越すから、越年(おつねん)トンボ。
日本では3種が知られています。オツネントンボとホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボであります。

他種がみな成虫ではない、ヤゴなどの状態での越冬を選択したなかで、この3種はなぜゆえに成虫で冬を乗り切ることを選んだのでしょうね。

e0065734_23371414.jpg

「ホソミオツネントンボ♀の食事 2011 Summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

昆虫ほか変温動物じゃなくても、日本の冬はあまりに厳しい。
その過酷さは、ほ乳類でさえ、一部の種が冬眠という手段を用いるほど。

昆虫の場合、卵、幼虫、(完全変態の場合は)蛹、そして成虫、どこかのステージで極寒を乗り切らないといけない。
耐環境という面では、植物の種子同様、分化し複雑になる前の卵の状態がいちばん有利な気がしますが、幼虫越冬を選んだ種も多いですし、蛹や成虫で乗り切る種、幼虫でも成虫でも大丈夫な種なども少なくありません。

虫たちのそれぞれの戦略がわかったら、面白いんだろうなー。


Test ♯899 ホソミオツネントンボはこちら
Test ♯512「ホソミオツネントンボ」はこちら
Test ♯466「ホソミオツネントンボ」はこちら
Test ♯119「オツネントンボ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-11-29 23:28 | そのほかの水系


<< Wake up♯321 ウミネ...      Wake up♯319 ツチイ... >>