Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 25日

Wake up♯318 ビロードハマキ 2011

e0065734_363529.jpg

「ビロードハマキ 2011 October」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

温暖化だからか亜熱帯化だからかはわかりませんが、ただいま南方系の虫たちが絶賛北上虫であります。
観察する人が多いチョウやカメムシなどだけでなく、蛾も密かに北上虫(蛾屋が少なすぎるだけ。こちらも蛾類学会が会員を絶賛募集虫)なのであります。

本日のビロードもそのひとつ。関東では最近になって見られるようになったとか。
ほかにもクロメンガタスズメだとかナワキリガだとか、よしもとではありませんが、西日本以西でしか出会えなかった種が、いまではすっかり東京圏進出を果たして、いざ東北へ!という段階であります。

一方で、温暖化なのにチャンスを活かせず?、あいかわらず西日本で足踏みしたままの種もいます。
オオシモフリスズメとか。

このバイタリティの違いはどこで差がつくんでしょうねー??

ほ乳類でも北上中なものがあって、たとえばコウベモグラは長年に渡り立ちはだかっていたフォッサマグナをとうとう越えたらしいであります。

どーなってるの、はすでに通り越し、どーなっちゃうのニッポン、なのがいまの現状ではないでしょうか。

身の回りで、おや?と感じたときはすでに遅いのが自然。
そうならないためには、人手をかけて早く「自然の事実」に気づくことが不可欠になっています。

さぁ、あなたもぜひ蛾類学会へ☆^(o≧▽゚)oニパッ
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-11-25 23:05 | そのほかの水系


<< Wake up♯319 ツチイ...      Wake up♯317 マメハ... >>