2011年 03月 22日

Wake up♯172 ウスバフユシャク 2011

e0065734_0452537.jpg

「ウスバフユシャク 2010-2011 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

蛾には、ウスバフユシャクのように和名に「ば」とつく種が多いですよね。
昆虫少年になる機会がないまま、雑誌Newtonはしっかり創刊準備号から読んでいた真神ゆにとって

「ば」といったら「場」であります。

磁場とか電場とか重力場とか。踊り場は。。。ちょっと違う。

e0065734_0462153.jpg

「ウスバフユシャクの交尾 2010-2011 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

蛾の場合は、「ば」はたいてい「翅」を意味することが多いです。
ウスバフユシャクは「薄翅」、ヒロバフユエダシャクは「広翅」。広場は。。。ちょっと違う。

ところが、じゃあ「翅」はみんな「ば」かというと、さにあらず。
クロバネフユシャクとかチャバネフユエダシャクなんかは、「翅」は「はね(ばね)」になります。

ふつう、「ばね」といったら「バネ秤」などの発条(ばね)であります。(´・ω・`)

e0065734_0465820.jpg

「ウスバフユシャク 2010-2011 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/HDRtist/Photoshop CS2

和名で「翅」が「ば」になるか「はね(ばね)」になるのかは、どんな基準で決まるんでしょうね。
きっと、読んだときに語呂がよいかどうかという、

一般爽快性理論

なんでしょうねσ(^_^;)


Test ♯780 ウスバフユシャクはこちら
Test ♯397「ウスバフユシャク」はこちら
Test ♯345「ウスバフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-03-22 23:37 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Wake up♯173 てふて...      Wake up♯171 ハイイ... >>