Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 10日

Wake up♯56 てふてふ捜索隊 クモマツマキチョウ 2010

e0065734_282259.jpg

「クモマツマキチョウ♂ 2010 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

すみません、フィールドには行ってるんです、あれこれ撮影もしちょります、ネットの時間がないんであります(;^_^A アセアセ・・・

ばたばたと右往左往しているうちに、日本は首相が変わり、W杯で1次リーグを突破し、イトカワからはやぶさが帰ってきてました(^^;;

もー、プチ浦島。

e0065734_09790.jpg

「クモマツマキチョウ♂ 2010 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

さて昨年は悪天候予報で企画が流れてしまったクモマツマキ。
今年こそはと意気込んだのはよいのだけど、やっぱり天気予報は思わしくなく。
おまけに雪どけが遅れていて、不安材料だらけであります。

とはいえ、行ってみなけりゃクモマツマキには会えないワケで、一寸野虫さんと、とにもかくにも決行することに。

はるばる現地に着いてみれば、雨。
どひゃー。
雲はかなりの早さで流れてるので、小やみになったところで捜索を開始することに。

e0065734_010695.jpg

「クモマツマキチョウ♂ 2010 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

登山道を歩くと、そこかしこに雪の山。でもこれは除雪で積み上げられたものでしょうね。
濡れる草々を見ながら登ってゆくと、今度は文句のつけようのなひ残雪登場。もはや登山道は雪の下で見えず。。。
ここまでの区間ではちょびちょびと双翅目などの姿を目にしたのみですが、空にはところどころ雲の切れ間が見え始めてきましたので、私は残雪ぎりぎりのところで「待ち伏せ」することに。一寸野虫さんはフットワークを活かして、可能性のあるポイントを往復する作戦であります。

雲の切れ間はどんどん広がり、日差しと雲影がめまぐるしく交互に過ぎてゆきます。
遠方にはアルプスの山々。あー、心の洗濯(^_^)☆

と、いきたいトコですが、そこは生き物相手なだけに目は上下左右をキョロキョロと。ついつい、視界の隅で捉えた動体に反応してしまいまふ。この日はミソサザイにかなりフェイント喰らいました(笑)

e0065734_0104786.jpg

「クモマツマキチョウ♂ 2010 Early summer」
Nikon D300/AiAF Fisheye Nikkor 16mmF2.8D/Photoshop CS2

雲影より日差しの時間が増えてきました。気温はぐんぐん上昇、あ、暑い(>_<)
と、山道脇を白い物体が飛んでいるのを発見!翅の先には橙!!

キターーー☆クモツキだー\(^o^)/

…と、叫ぶヒマなし!!すぐに追う!

まだ体が暖まってないのか、ややゆっくりめの飛翔であります。お、チャンスかも☆
ひょろひょろ〜と飛んで、駐車車両の向こう側へ。
先回り!!
って、あれ、姿消えた。おや〜??
車で死角だった近辺をくまなく探すも、いない。あいや、やられたかぁ(>_<)
気落ちして振り返ったら、車のフロントガラスにちょこんととまってました(笑)

あぁぁぁ、なんて良い子なの♫
シチュエーション萌え真神ゆ、大興奮(^з^)-☆

一寸野虫さんを携帯で呼んでからもしばらくは、フロントガラスにしがみついてました。
やがてようやく温まってきたのか、ひょいと飛び立って近くのタンポポへ。

撮影できたのはこのオスのみですが、おかげで吸蜜も撮れたし、昨年のリベンジを果たせて充実した日でありました(^_^)


Test ♯441 てふてふ捜索隊「ツマキチョウ」はこちら
Test ♯151「ツマキチョウの交尾」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-06-10 02:07 | そのほかの水系


<< Wake up♯57 てふてふ...      Wake up♯55 てふてふ... >>