「ほっ」と。キャンペーン
2010年 03月 25日

Wake up♯46 ルリオビナミシャク 2010

e0065734_21545966.jpg

「神奈川県産ルリオビナミシャク 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

すでに夕焼けの赤みは消え、空が紫冥にうつろう頃。
散策路を歩きつつ、ふと照らした幹に蛾を発見。
この樹は散策路の真ん中に生えていて、明るいうちに往路で通った時にもチェックしたのですが、その時には姿はありませんでした。暗くなってきたから、出てきたのかな。

かなりたってから、蛾LOVEさんにメールで問い合せ。
「ネタですか(笑)、大ありですよ」

まず「みんなで〜」でルリオビナミシャクを見てみてください。

蛾LOVEさん曰く、
「成虫が見られる時期が4〜5月と記載されてますよね。でも画像では8月のものだけなんです(2010.4.9現在)。さらに色合いがかなり緑がかっていて、今回の個体とはずいぶん印象が異なってますよね。たぶんルリオビナミシャクは年2化で、今回の個体は春型、「みんなで〜」の画像は夏型という可能性がビンゴだと思います」

ちなみに蛾LOVEさんがネットで探してみたところ、ルリオビナミシャク春型と思われる画像はほとんどなかったそうです。
「ぼくのサイトからリンクさせていただいている、nabeさんの「南四国の蛾」のなかに、2006年4月6日という日付の標本画像がありますが、それ以外はちょっと探すのたいへんですね。たぶん4月のルリオビだ!ってネットに貼る人、いないでしょうし(笑)」

ところで、私はこのルリオビナミシャクを1カットしか撮っていません。ポイントからポイントへの移動中だったので、20分も30分も時間かけてらんなかったのであります。この1カット撮るだけでも5分くらいかかっていて、撮影後にみんなを追いかけました。

でもそんな蛾に限って、蛾LOVEさんのネタは続いてゆきます(^▽^;)

「ぼくの手元にある資料の範囲ですけど、神奈川県でのルリオビは1981年の記録ただ1件しかないです。誰かが見つけても、あまり報告されなさそうな感じの種ではありますけどね(笑)」

アップの写真は、一寸野虫さんがちゃんと撮影しています。一寸野虫さんがすごくマメに記録してくださるので、私が今回のような画像にウエイトを置くことができるんであります。感謝感謝。

2010.4.15 追記:
先日、いつもお世話になっているYngdさんに偶然、山のなかでお会いしました。お会いしたというか、Ksdさんとともにライトトラップを設営中の氏を発見し急ブレーキ!車をバック!(笑)
お話をいろいろうかがいました。
ルリオビの件をお話すると、「ん?君のとこの近所の河原にふつうにいるでしょ(笑)」

... え゛え゛っ!? ∑(`□´/)/
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-25 23:54 | そのほかの水系


<< Wake up♯47 エゾモク...      Wake up♯45 クャシダ... >>