「ほっ」と。キャンペーン
2010年 01月 11日

Wake up♯26 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その2)

なんというか、マンガなんかによくあるシチュエーションそのものでございますね。
よく森などで歩いていると、すぐ脇の茂みでガサゴソと何かの気配がする。
もう、人だったらそんなトコぜったい行かないよという感じの薮から、ぬっと黒い影が現れるわけです。

「こんなもの見つけましたよ♪」


e0065734_2327746.jpg

「力尽きたコナミフユナミシャクの♀」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

蛾LOVEさんであります。
手に持っていたのは、コナミ♀の亡骸がのった落ち葉。
もうすぐそこ急斜面でしょ。よくそんなとこ入っていったね、というのもありますが、

薮のなかから、よくこんなもの見つけてきたな(^▽^;)

e0065734_23342445.jpg


ところで、コナミ♀の亡骸を落ち葉にのせて持ってきたのかと思ったら、どうも違うようです。
「これって卵塊ですかね」
「くっついちゃって力尽きちゃったのかな。これって受精卵 ... っぽくはないな。何があったんでしょうね」
じつはこの♀、卵塊に背中がくっついちゃって身動きとれなくなりそのまま力尽きてしまったらしいのです。

e0065734_23395115.jpg


確かに卵塊のように見えますです。でもコナミの卵ってこんなに大きいのかな?
産卵中になにかトラブルがあって転倒してくっついちゃった。。。というのがいちばんシンプルな推論ですけど、自分以外の産んだ卵塊でしかも未受精卵かもしれなくて、それに背中がくっついちゃって天寿を迎えたのだとしたら、すんごく話が複雑になりそう。
でも、現実は小説より奇なりじゃないけど、自然では想像もつかないようなことってしょっちゅう起きてますからねー。

さて、今日の画像をご覧になったみなさまは、このコナミ♀をどんな運命が襲ったと思いますか? ?(゚_。)?(。_゚)?
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-01-11 23:48 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< シロオビちびっこ捜索隊      Wake up♯25 コナミフ... >>